雑魚川・魚野川の渓流釣りについて

志賀高原の渓流つりについて

釣りイメージ

志賀高原での渓流釣りと言えば奥志賀~秋山郷間の雑魚川での渓流釣り。自然豊かな志賀高原・岩菅山系の清流を水源とした雑魚川には天然岩魚(ホンシュウイワナ)の原種が自然胞卵、繁殖している全国的にも珍しい川で、渓流釣りファンの中では全国的にも比較的有名なポイントとして知られています。

原種のイワナを狙える渓流釣りですが、釣りが楽しめる雑魚川は志賀高原漁協原種保存指定河川に指定されており、釣りを楽しむ上でいくつかのルールが定められています。原種のイワナ保存の為にも下記のルールをお守りいただけますようお願い致します。

厳守事項
漁期

4月16日~9月30日 (毎年同じ日程)

漁法

竿釣りのみ 1人1本

体長制限

全長20cm以下は釣ってはならない ※20cm含む

遊漁証

販売所においてお買い求めの上、必ず着体して入川のこと

日釣券 550円(税込) 年釣券 3,300円(税込)

小中学生は無料 身障者の方は半額 日釣券 250円(税込) 年釣券1,500円(税込)

遊漁証の現場売りは一切しておりません。 無券者は魚を全て没収し、直ちに退場していただきます。

禁漁区の尊厳

禁漁区(下記の図参照)での釣り行為は行わないこと

上記の規則違反者は今後一切の遊漁を拒否する場合があります。

悪質な違反者は以後、来山をお断りさせていただく場合があります。
禁漁場所、体長制限等ルールの徹底をお願いいたします。

イワナ原種保存指定河川図

イワナ原種保存指定河川図

PDFファイルで地図を表示

チケット販売

つりチケ[PDF

釣券の現場売はしておりませんので入漁の場合には必ず入漁券をお求めください
購入後の払い戻し(キャンセル)は一切認めませんのでよくご判断の上お求めください。